会社員ブロガーがブログを続けるモチベーション

少し前の話です。

8月中旬から約1か月以上もブログを更新しませんでした。

その間、実はブログを当分やめようかとも思いました。レンタルサーバー代がもったいないかと思って。でも、最近になってモチベーションが復活してきましたよ。

今回は会社員がブログを続ける意味について考えたいと思います。

スポンサーリンク

「リアルな生活のせいで時間がない」のは言い訳?

私は今年の6月まで約2年間、パートタイムとの会社員として勤務していました。

当時は週休3日でしたので、比較的時間に余裕があったため、週に1度は「スタバ旅」という余暇も楽しみつつ、ブログも更新することができていました。

しかしその代償として年収としてはかなり低く、生活にも支障がでてきました。

そこで今年の7月に転職して、週5日フルタイム勤務の会社に契約社員として勤めはじめました。当時の葛藤はすごかったですね。

関連記事:簡単に会社を辞めてはいけないのに、転職したのはなぜか?

さて、そうこうしている間に新しい会社に転職してから3か月が経ちました。

段々と慣れてきたのですが、次第に仕事と私生活に時間をとられるようになりました。
仕事もかなりハードになり、通勤にも消耗しはじめました。

さらに宅建士の勉強、そしてマイホームの計画と重なってきて8月、9月はてんてこ舞いでブログを書く時間がなかったですね。

こんなことを言うと決まって「時間がないと言うのは言い訳」と言われます。

しかし、「言い訳」への「言い訳」をさせてもらうと、単にこの時期はブログへのプライオリティを下げただけなのです。

実生活への充実度を優先したため、ブログはおろかあまりインターネットへもアクセスしませんでした。

9月の中旬からは少しずつ時間的・精神的な余裕もうまれてきましたので、今後はまたブログへの優先度を上げていこうと思います。

9月の連休にはちゃっかり名古屋にスタバ旅に行ってましたしね。

名古屋の日本一高いスタバ

収益がなくてもブログを続けるモチベーション

会社員でブログを続けるかたのモチベーションとなるのが、PVや収益ですね。

最近はアフィリエイトやブロガーが急増している傾向にありますが、多くの人は「副業」としてブログを位置づけているのではないでしょうか。

しかし、もはや私が言うまでもないですが、ブログやアフィリエイトって誰でもが片手間で稼げるビジネスではないんですよね。

よく「ブログは不労所得」と言われますが、純粋な意味での不労所得ではありません。

稼ぐためには適正なキーワードで記事を書き、ある程度記事をストックさせないといけませんし、稼げるまでにかなりの時間とエネルギーがかかります。

また、レッドオーシャンにあるジャンルは熾烈なパイ取りゲームになりますので、差別化も必要です。

ところが、私はマネタイズのツールとしてブログには期待していません。
そもそもマネタイズが苦手なんですよね。

それよりも、ブログを通じてのアウトプットを「5人」に見てもらうことのほうが快感なのですよ。

当ブログの原点は「5人に見てもらう」ということですから。

関連記事:年収170万円という絶望感を払拭するためにこのブログをはじめた。

収益が目的でブログを始めたかたも多いと思いますが、多くのかたは絶望してブログを辞めてしますと思います。

私がWordPressでブログを始めた4年前の同期もほとんどブログを継続している人はいません。自然と離脱してしまうのです。

それはそれでいいと思います。なにもブログだけが副業ではないのですから。

でも、「5人に見られる」だけでもブログってすごいと思いませんか?

特に私の場合、不動産に興味を持ち始めたのでこれまでの「スタバ」とか「書評」とかとあまり関係ないジャンルに転換していますので読者も離脱しはじめました。

それでも5人ほどは継続して読んでくれているようです。

5人も読者がいることに感謝です!

ブログを更新しなくてもPVがゼロにはならない不思議

さらに驚いたことにブログを1か月更新しなくてもPVがゼロにならないんですよ。

いや、低いときは一桁なんてこともありましたが、それでも1人は絶対見てくれている。

それってすごいですよね。

しかも、このブログってまだSEOが弱いのでほとんど検索流入がないのです。
おそらくTwitter経由かお気に入りにでも登録してくれているのでしょう。

今では常に1日5以上のPVがあるので、それで満足です。

あわよくば、もう一人増えて読者が6人になるとありがたいですね。

そう、今の目標は想定読者6人

ブログに過剰な期待を抱かずに、淡々と読者のために記事を書き上げていくと自然と長くブログが続けられると思います。

収益だけに縛られると早々に絶望しますからね。

読者がゼロになっていないことに感謝しつつ、今日も粛々とブログ生活していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする