「なぜ朝霧まで?」東京から関西に行くときに知っておきたい往復乗車券の基本。

今まで何度もJRで新幹線を利用したことがあるのですが、往復することが事前に分かっている場合は往復乗車券を購入するようにしています。

しかし、これまでその利用方法やメリットについてはあまり気にしたことがありませんでした。単に、「いくらか割引されるだろう」という知識しか持ち合わせてなかったのです。

そこで今回、千葉県の海浜幕張駅から私の実家がある兵庫県姫路駅へと帰省したときに発見した情報をメモしておきます。

私の実例も含めながら、なるべく具体的に説明してみます!

スポンサーリンク

JRの「往復乗車券」は東京⇔大阪間では割引にならない!

「往復乗車券」は、一定の長距離区間を往復するときに乗車券を購入すると運賃が1割引になるシステムになっています。

しかし条件があります。その条件とは「乗車距離」です。
乗車の区間距離が片道601キロ以上の区間でないと、往復割引が適用されないのです。

601キロといってもあまりピンときませんよね。

たとえば、乗客数が多い区間である「東京⇔大阪間」の距離はどうでしょうか?

601キロ以上でしょうか?それとも601キロ未満?

残念ながら556.4キロなので一歩届かず601キロ未満なのです。
したがって、東京⇔大阪間では往復割引が適用できません。

私はよく姫路の実家に帰省するときに、東京⇔姫路の往復乗車券を購入していましたが、この区間だと644.3キロとなり往復割引が適用されます。

このように、1区間を往復するときに往復割引の恩恵をこうむるには601km以上移動する必要があります。区間距離についてはみどりの窓口で聞いてみるとすぐに分かりますので聞いてみましょう。

JRのみどりの窓口で聞いてみて601キロ以上あれば往復割引が適用

東京と大阪を往復するには朝霧まで買うと220円お得!

少し余談になりますが、東京と関西を往復で移動するときは、正直に目的地までの乗車券を購入しないほうがいいかもしれません。たとえば目的地が神戸(三宮)の場合、東京⇔朝霧(あさぎり)間の往復乗車券を買ったほうが1,300円もお得になるのです。

具体的に運賃計算をしてみましょう。

東京から神戸(三宮)までの往復乗車券は往復割引が適用されませんので、9,290円×2=18,580円となります。一方、東京から朝霧までの往復乗車券の値段は601キロを超えるため往復割引が適用されますので、9,610円×2×0.9=17,280円となります。

つまり、わざと遠くの地点までの乗車券を購入することで1,300円も安くなるのです。

もっと言うと東京と大阪を往復する場合も、朝霧までの往復乗車券を買ったほうが安くすみます!

東京⇔大阪の往復乗車券は往復割引が効かないので、8,750円×2=17,500円。
一方、先述したように、東京⇔朝霧の往復乗車券は往復割引が効いて、17,280円。

つまり、東京大阪間を往復するときは東京朝霧までの往復乗車券を購入したほうが220円も安くなるのです!

これぞ、往復割引マジック!

東京⇔姫路を移動する時に、新大阪で乗り降りする3つの理由

さて、最後に私の事例をご紹介して終わりにします。
今回、千葉県の海浜幕張駅から兵庫県の姫路駅までの往復乗車券を購入しました。

JRの往復乗車券の割引

この場合の区間距離は676キロ。601キロ以上となりますので、余裕で往復割引を享受できますね。往復乗車券の値段は割引されて17,680円でした。通常では片道乗車券が9,830円しますので、もし割引されなければ往復で19,660円かかります。

つまり、往復割引によって1,980円もお得になったのです。

また、移動には新幹線を利用しましたので乗車券に加えて特急券が必要となります。

ここで新幹線の特急券に関してちょっとした私のテクニックをご紹介します。

姫路駅までダイレクトに新幹線(のぞみ)に乗ることも可能なのですが、時間があるときは新大阪駅で降りて姫路まで在来線で移動するようにしています。その理由は次の3点です。

・姫路駅が停車するのぞみは1時間に1本しかないので、意外と不便。

・特急券(のぞみ)が姫路だと6,130円、新大阪だと5,700円なので、片道で430円お得。

・往路では新大阪で降りて新快速に乗り換えても次の大阪駅から座れるので比較的楽。
また、復路では姫路は新快速の始発駅なので、座って新大阪まで行ける。

したがって、乗車券では海浜幕張⇔姫路の往復乗車券を購入することで1,980円分のお得をして、特急券では東京⇔新大阪の特急券を購入することで860円分のお得をしているのです。
ここでのお得の合計額は2,840円になりますね。

いろいろと書きましたが、とにかく往復乗車券の威力はすごいということをお伝えしたかったのです。

往復乗車券についてはまだお伝えしたいことがあります。
それは「途中下車のルール」なのですが、別の記事にまとめておきましたのでこちらもどうぞ!

⬇️新幹線での旅行はパックがおすすめです!
関連記事:新幹線宿泊パックはコスパ最強!名古屋旅行が18,860円でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする