年収170万円という絶望感を払拭するためにこのブログをはじめた。

はじめまして。ケンタと申します。

これから詳細なプロフィールなどは作成したいと思いますが、まずは最初の記事を早急に投稿しようと思いパソコンを立ち上げました。

実はこの記事を書いている時点でブログの初期設定についてはほとんど準備が整っていません。グローバルメニューすらまだ設定していませんし、必要なプラグインもまだインストールしていません。本当にこれからなのです。

スポンサーリンク

年収170万円で生活できるのだろうか?

私は今41歳なのですが、今までいろいろな職歴を経てきました。
大学卒業後に海運会社に入社。その後、芸能関係の会社や専門商社、広告代理店などいろいろな会社の管理部門として働いてきました。

さて、ここでぶっちゃけます。

2016年からは千葉のIT会社に勤務しはじめたのですが、そこでの年収は約170万円
源泉徴収票を見て震え上がったのを覚えています。

ただパートタイム勤務で週休3日という恵まれた勤務体系だったので文句は言えません。
しかし、固定費のかかる関東圏で生活していくには当然ながら贅沢はできません。
しかも私には妻子がいるので、これから負担が大きくなる教育費や生活費を考えると早急に将来設計を考えなおさないといけない局面を迎えました。

さらに、ご存知のかたもいるかもしれませんが、ぼくは3年前から「スタバ旅」というブログを運営し、日本全国のスターバックスの店舗レポートをするという活動をしておりました。しかし、ブログからの収益がほとんどなく、制限された生活費からスタバ代や交通費を捻出するのが厳しくなってきました。

旧ブログのこともおいおい書こうかと思いますが、約1ヶ月前から更新をストップしています。実は、4月中旬にGoogleから自動ペナルティを受けてPVが激減してしまったのです。
原因はよく分かりません。自分としても、不正行為を行ったことはありませんし、なぜここに来てGoogleがペナルティを課すのか正直見当がつかないのです。

話がそれましたが、とにかく年収170万円では「スタバ旅」はおろか日々の生活もかなり苦戦を強いられます。

ぼくはこのあたりで何らかの方向転換をしなければなりません。
年収170万円の生活は東京近郊で生活するにはとても不安なのです。

このブログで何をお伝えしたいのか?

そのような背景のなか、ぼくはこのタイミングで新しいブログを立ち上げようと試みました。
しかもかなりコッソリ運営するつもりなので、想定読者数5人です。
5人に読んでもらえれば万々歳です。

上記のバックグラウンドなので、新しいブログを立ち上げる際にアフィリエイトサイトで収益化を図ることも考えたのですが、最初からお金のことを考えてブログを運営すると早々に頓挫することが考えられます。

あと、アフィリサイトって個人的につまらないと思うんですよね。
どのサイトも似たり寄ったりの情報を掲載していて、筆者の顔が見えないサイトには魅力に欠けますしね。

そこで、私がブログを通じてお伝えしたいことはなんなのか突き詰めて考えるとまさしく「年収170万円からのサバイバル術」なのですよ。

この厳しい賃金格差社会、都会でのアーバンライフをどうやって生き延びるのかを研究しようと試みたのです。

このブログは決してバズらない

私の経験上、ブログがバズっても(バズる:SNS等で紹介されてアクセスが急上昇すること)長期的にみるとあまり意味がないことが多いです。

たとえば、私がはじめてスタバ旅のブログでバズリを経験したのは「鳥取スタバ」。
はじめて鳥取にスターバックスがオープンしたときに、あえてオープン2日目に参上したらガラガラだったのです。これは面白いとおもい、この模様をレポートしたらかなりバズりました。

しかし、そのバズリ記事よりも結果的に多くの人に読まれたのはスタバのサイズについて自分の意見を織り交ぜて書いた記事です。これはSEO的にもワークして、検索で長期間上位を取っていました。

したがって、私がこのブログで狙うのは「バズ」ではありません。
「SEOでの検索流入」だ!!と鼻息荒く言いたいのですが、まだまだSEOの知識も浅く、筆力も未熟なので、そこまで言い切れません。

そこで、出て来るキーワードが「ペルソナ」です。
ぼくは当面はペルソナ(想定読者)を絞りに絞り込んで記事を書くことに専念しようと思っています。つまり、誰をターゲットに記事を書くのか?
それは、ぼくのような低年収で悩んでいる都会暮らしの一サラリーマンなのです。

そんな方がこのブログにたどり着くのは、確率的には高くないでしょう。
先述したように、おそらく5人くらいだと思います。

ぼくはその5人に対してこれから記事を書いていくのです。

これからどうぞ宜しくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする