ああ、私は絶望的にアフィリエイトに向いてない。

ケンタ
ブログでアフィリエイトを頑張ればマネタイズできるかなと思ったけど、ゴリゴリに頑張るの辞めますー。

という独白で始まった日曜日。

皆さん、おはようございます。

ま、そうなんですよ。アフィリエイトで結果出せればいいかなーと思ったのですが、窮屈すぎるのでマイペースでブログ運営することにしました。

マネタイズは別のところで頑張ります!

スポンサーリンク

なぜアフィリエイトに向いていないのか?

Twitter友だちの「名もなきライター」さん(通称「名もさん」)が昨日いいブログを書いていたのですが、超共感してしまいました。

名もさんってライターとしてめちゃくちゃ稼いでいるんですよね。
クラウドワークスやランサーズでの実績評価も高いし、それ以外にインプット量もアウトプット量もはんぱないの。

そんな名もさんですらアフィリに挫折したんですよ。すごい世界ですよね!

で、そんな名もさんとやり取りしていたらズバリと言われました。

ここで言う「カネのニオイがしない」というのは本当に的を得ていて、私も名もさんもそんなに欲望がないんですよね。特に物欲が皆無。

以前、「死ぬまでにやりたいこと100こ挙げてみる」という企画が流行ったときも私もうんうん唸りながら必死でやりたいことや欲しいものを探したのですが挙がった個数が12とかでした。

人間の煩悩が101もあるといわれるけど、私ってもはや千日回峰を目指せる境地かもしれません。全然欲しいものがない!

しかも突き詰めると、「そんなに欲しいか?」というようなものばかりなんですよ。

究極的に言うと、「家族で楽しく家でまったり過ごせればいいかな」という感じです。

全然関係ないけど、昨日娘の誕生日で家でささやかに祝いました。

お金は全然かからなかったけど、幸せな時間でしたよ。

お金要ります?

アフィリエイトの文章を書くのが全然面白くない。

ぶっちゃけ、アフィリエイトの文章って書くの面白くないんですよ。

いや、アフィリエイターの人たちはすごいと思いますよ。
SEOの技術を駆使して、黄金のステップを経て3000字以上の紹介記事を書いて、商品やサービスを紹介するという才能は憧れますよ。凄まじい能力です。

でも、私はダメだ。向いてない。

まず、キーワードを選んでそれに沿って文章を書くことが絶望的に苦手だ。

たとえば「ブレインフォグ サプリ ランキング」というクエリを狙おうとしたときに、キーワードをふんだんに入れこんで、「ブレインフォグに効果的】サプリのランキング5選」とかいうタイトルをつけたところで、それに続く文章が書けない。読まれる気配もない。センスがない。

そもそも私はブレインフォグのサプリは一種類しか飲まないと決めているので5選も書けないんですよね。

読者
あまいよ。アフィリエイトで稼ぎたいならPVを集めてコンバージョンできるように施策を練ってPDCAをまわして記事をかきまくりなよ。お金が欲しいならサプリ5種類くらい買って実際に試してみてレビュー記事を書けよ。

わかっとるわ。

それができないんですよ。

先述したように、お金というドライビングフォースが働かないから全く文章が書けないのよ。

ブログの目的がお金を稼ぐためならね、書けると思うんですよ。

だから、みんなすごいと思う。

儲かると思ったら、ほとんど知識ないのに「ふるさと納税」関係の記事を書いたり、自分が利用していないのにオーディオブックのアフィリをしたり。別にディスってないんですけど、すごいマーケティング能力ですよね。

アフィリで稼げないならブログを楽しんだら?

ま、以前も書いたのですが、アフィリエイトって向いている人と向いていない人がいるんですよ。これ、絶対そうです。

向いていない人がアフィリに拘泥してしまい、時間とお金をロスするのってかなりの機会損失ですよね。以前お話した「コンコルド効果」を思い出してください。大きな投資をしたからといって引き下がれない人が多いですからね。

関連記事:ブログでのマネタイズを早々にあきらめるのも正しい戦略です。

この記事でも繰り返していますが、早々にブログマネタイズを止めるのも一つの戦略です。

私は今後、ゴリゴリにアフィリエイトはしません。
ただ、自分が実際にやっていることやおすすめしたいことはアフィリンク貼って紹介しますけどね。やはり月に3000円くらいはブログ収入欲しいから。

あ、ひょっとしてこの記事を「アフィリエイト 向いてない」とかの検索でたどり着いた人もいるかもしれませんね。大丈夫、安心してください。

「私はアフィリエイトが向いてないけど、なんとか稼ぎたい」

そんなあなたのために、この商材を読めばらくらくと月に7桁の収入が……。

とか、出来るわけないじゃん。

ブログは楽しみましょ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする