【トゥルースリーパー体験談】1日37円で快眠が手に入る!デメリットは?

最近は良質な睡眠にこだわっていまして、ついに「トゥルースリーパー セブンスピロー」を購入しました。

しかもセット購入しました。
私が購入したのは「トゥルースリーパープレミアムケア」(19,800円)というマットレスと「セブンスピロー」(14,800円)という枕です。一気に買っちゃいました。

実際に利用してから3週間が経過しましたので、ちょっとレビューしたいと思います。

トゥルースリーパーの段ボール箱は一応とっておこう。

私は今までかための敷き布団を利用していたのですが、朝起きたときに腰が痛むことがしばしばあったのですね。そこで、新しいマットレスを購入しようとして候補にあがったのが「トゥルースリーパー」と「エアウィーブ」です。

広告効果もあってか、結局60日間の返品保証がある「トゥルースリーパー」を試してみることにしました。合わなければすぐに返品しようと思ったのです。

そのため梱包されていた段ボールはしばらく取っておきました。
いつでも返品できるようにね。

そして結論から言うと、予想以上に相性がよかったのです。
睡眠の質が以前と比べて高まったような気がして、自分とフィットしている気がしますね。

(後日、Fitbitを購入したら睡眠の質をモニタリングして報告しますね)

セブンスピローは予想以上に大きい。

「トゥルースリーパー」は低反発マットレスなので、横になると少し沈むような感覚になります。

人によって高反発が合うケースと低反発が合うケースがありますので、実際に試して決めたほうがいいです。

また、体型とも関係があるようで、私のように体重が軽めで小柄な体型の人には低反発マットレスが身体に合う可能性が高いそうです。

実際に横になってみるとちょっとフワフワ感が心地よいですね!

トゥルースリーパーの体験談

(生活感のある写真ですみません……)

「トゥルースリーパー」の主な特徴としては体圧を分散する機能があるのです。
だから、寝ているときに身体の負担が軽減されるのですよね。

素材にもこだわりがあります。
ウルトラヴィスコエラスティックと呼ばれる低反発素材を使用しており、弾力性や復元力に優れています。どうりでフワフワのはずです。

特に私が感動したのは「トゥルースリーパー セブンスピロー」。
まず大きさに驚きました。縦が68cmもあり、頭だけでなく肩や両腕もしっかりと支えてくれます。

トゥルースリーパーのセブンスピローの体験談

首にスキマがなく、上半身全体で体圧を分散するので、肩や首への負担も少なくなるんです。「高さ調整シート」も附属していますので個人によって高さも調整できます。
ただ、最初は低めで試してみて、もう少し高いほうがいいと判断すればシートで調整するのがいいでしょう。

「トゥルースリーパー」のデメリットを3つあげてみる。

ただし、デメリットとしては3つくらいあるかなと思います。

一つはにおい
口コミでもありますが、ウレタンのにおいが気になるという意見が多かったですね。
私も実際に届いたときに、においに注目してみたのですが、異様な臭気というわけでなかったです。たしかにニオイはするのですが、一部の極論のような「くさくてたまらない」という感じではなかったですね。少し気になるくらいでしょうか。

ただ、陰干しをして部屋を換気していれば、数日でにおいは消えました。
それほど気にする必要はないかと思います。

もう一つのデメリットは耐久性
公式サイトでは、耐久性についてこのような言及がありました。

「低反発性能は徐々に弱くなりますが、寝心地には大きな影響はありません。」

ただ、低反発マットレスは利用していくと凹みがとれにくくなり、耐用年数は短い傾向にあることは否定できません。他のマットレスよりも安価ですが、その分耐久性に疑問が残りますね。

ただ、公式サイトで購入した場合は1年間の交換保証があり、期間内であれば無償で交換できます。

1年でへこたれることはないと思いますが、3年くらいが妥当な耐用年数かなと。

最後は「広告の多さ」。
新聞の広告やテレビのCMで「トゥルースリーパー」が宣伝されていますが、ちょっと広告費を使い過ぎです。逆に広告が多いと信用性にネガティブな効果があるのではと思ってしまいます。

これは商品というよりショップジャパンのブランド戦略の問題ですが、広告費を使うならもう少し消費者に還元してほしいです。つまり、もう少し商品を安くしてほしい。

寝返りが減ると快眠につながる。

結論として、熟睡度が増して朝のスッキリ度も改善しました。
ただ、まだ毎日快眠がとれるという訳ではなく、まだ入眠に時間がかかることもあります。

前回の記事でも書きましたが、まだまだ私も睡眠分野を研究しないといけませんね。

参考:睡眠の質を向上するのに効果的だった5つの方法

そういえば、睡眠の古典的存在で有名な「4時間半熟睡法(遠藤拓郎著)でも「トゥルースリーパー」が紹介されていました。

低反発ウレタン剤を使い、体圧を分散されることで、肩、背中、おしりなどにかかる負担が緩和されるようになっている。そのため、豆腐の中に埋もれるような感覚があり、動きたくても動けなくなるのが特徴。
睡眠の質が悪くなる原因として、頻繁な寝返りがありますが、このマットレスは寝返りを少なくする効果があります。

私もたしかに寝返りの回数は減った気がしますね。
低反発マットレスは身が沈むから簡単に回転ができないんですよね。
だから、熟睡しやすいという。

1日37円で睡眠人生を変えることができる。

よく言われることですが、1日の睡眠時間が6時間だとすると人生の4分の1は寝具とともに過ごしています。だからこそ寝具というのは自分に合ったものを選ばなければなりません。

私はこれまで「お金がもったいない」という理由でマットレスや枕を買うことに躊躇していましたが、これ非合理的な考え方ですよね。

マットレスの寿命が3年だとすると約1000日利用することになります。
そして今回の「トゥルースリーパー」の出費が約37,000円でしたので、1日あたり37円で快眠が得られる計算になります。

なんと、37円で1日の1/4の過ごし方が左右されるのです。

昨日も書いたように、人生を好転するには環境を変えることがベストな方法だと思います。
多少の出費がかかっても睡眠人生を変えるにはそれなりの初期投資が必要だと考えて私は購入にふみきりました。

参考:人生を好転させるためのガチの方法【マイナスのハロー効果を除去しよう】

このように、良質な寝具を買うことは費用対効果が高い投資だと思いますよ。
健康にいいインパクトが得られるし、仕事や勉強のパフォーマンスも期待できますし。

とりあえず手軽に試すには「トゥルースリーパー セブンスピロー」から始めてみてはいかがでしょうか?

ショップジャパンの公式サイトで購入すると1年間の保証交換もできますし、電話相談もできますよ。

また、「トゥルースリーパー」は60日間の返品保証がついているので、実質無料で体験することができます。安い買い物ではないので、返品保証があるだけで安心できますよね。


ぜひ自分にフィットした寝具を試してみて快適な睡眠を手に入れましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする