【Uber Eats配達12日目体験記】ウバ活でついに日給1万円を達成!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の 配達略して「ウバ活」を始めて3ヶ月目。

じつはひそかに「日給1万円」を目標としていました。

今日ついに日給1万円を超えることができたのです!

今日は日給1万円の軌跡を振り返りたいと思います。



スポンサーリンク

15回の配達しないと帰れまテン。

今日のダイジェストはこちらです。

ピックアップ時間 ピックアップ場所 走行時間 走行距離 ドロップ場所 売上
9:57 門前仲町 10分 1.46Km 門前仲町 448円
10:10 門前仲町 10分 1.46km 木場 448円
10:27 月島 10分 1.40km 八丁堀 510円
11:02 門前仲町 19分 1.59km 浜町 461円
12:53 人形町 27分 3.41km 中央区 638円
13:32 門前仲町 15分 2.98km 築地 595円
14:00 銀座 23分 3.83km 清澄白河 679円
14:45 門前仲町 20分 2.53km 木場 551円
15:11 東陽町 25分 3.81km 豊洲 677円
15:44 豊洲 12分 2.14km 豊洲 514円
16:12 豊洲 18分 2.01km 東雲 501円
16:42 豊洲 25分 3.73km 中央区 669円
17:10 月島 11分 1.21km 明石町 423円
17:45 月島 11分 1.03km 中央区 406円
18:05 月島 11分 1.77km 中央区 478円

この表を見るといくつかつっこみどころがあるのですが、一つ褒めてください。

これ全部赤チャリで配達したんですよ!

最後は江東区から中央区まで4連続で隅田川を渡りました。
泣きそうになりました。足が棒になりました。

たしかに赤チャリは電動自転車なので比較的楽なのですが、それでも25kmくらい走破すると肉体的にしんどいですよね。しかも、汁物に限ってロングドロップなんですもの……。

汁物は重いし、神経使うんですよ。

ウーバーイーツで日給1万円超えました。

さて、なぜこんなに頑張ったかというと3日で15回配達をすれば2,500円のクエスト(ボーナスのようなもの)が上乗せされるからなんです。

日曜日も配達すればいいのですが、あいにく天気がよくなんですよね。
その上、3月3日は東京マラソンではないですか
当日は交通規制がかかるので、配達するにはちょっと不利ですよね。

だから土曜だけでなんとか15回配達完了しようと必死。

一人で「15回配達するまで帰れまテン」とつぶやいていました。

ウバ活で日給1万円稼ぐためのちょっとしたコツ

さて、今日のダイジェストを見て分かると思うのですが、後半戦は豊洲と月島を拠点としていることが分かります。

なぜだか分かりますか?

なぜなら比較的ショートドロップが多いからなんですよ

これあまり大声で言いたくないのですが、回数を稼ぐためには走行距離を短くする必要があるんですよね。

なぜ回数を稼ぎたいのかはクエストをもらいたいからなのです。

今回は15回のクエストをもらうことを目的にしているので、とにかく無駄な走りはしたくないんですよね。2,500円のボーナスは大きいですもの。

しかも今日にかぎって言えばほとんどの配達には「ブースト」というインセンティブがありませんでした。「ブーストって何?」という方は次の記事をどうぞ。

関連記事:【Uber Eats配達9日目体験記】どうせなら高ブーストの港区に流されたい!

要するに倍率インセンティブが期待できないので、回数インセンティブに賭けるしかないんですよね。

だから、なるべく全体的な導線を意識することが日給1万円のコツかなと思います。

このあたりはいずれ体系的に説明する予定です。

そうそう、鳴らないときはどこかで休むことも大事ですよ。

これで私の累積配達数は80回となりました。

まだまだですよね。

まだまだ修行は続きます、はい。

Uber Eatsで副業はいかがでしょうか?

★配達パートナーとしてUber Eatsに登録すると「期間内に一回の配達で5,000円」などのキャンペーンを実施しているケースもあります。(予告なく変更・終了する可能性あり)

★私のように週末3時間稼働するだけでもお小遣いを稼げますよ!

Uber Eats 配達パートナーはこちら

ちなみに私が登録会場へ行ったレポはこちらです。

関連記事:【副業】41歳だけどUber Eatsの配達パートナーに登録してみた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする