【Uber Eats配達13日目】時給1500円を達成するちょっとしたコツ

今日は少し体調が悪かったのですが、ウバ活(Uber Eats(ウーバーイーツ)の 配達)で稼ぐことにしました。

副業していた方が精神的に落ち着くんですよね。

何でしょう、この変な感覚は。

でも、休日をダラダラ家で過ごすよりもウバ活で自転車運動したほうが夜ぐっすり眠れるので、有意義な過ごし方なんです。

スポンサーリンク

無難に8クエストを突破しました。

そういえば最近のクエストの金額が少し渋くなっているんですよね。

(「クエスト」とは回数インセンティブのことで、配達回数に応じてボーナスが支払われるシステムのことです)

たしか以前は4回の乗車で400円、8回で1200円、12回で2400円という相場だったと思うのですが、最近は8回で900円、12回で1500円なんですよね……。確実にインセンティブが下がっています。

過去記事を見ても、この傾向がうかがえます。
ああ、1月の時点ではまだクエストの金額は高かったなぁ。

関連記事:【Uber Eats配達7日目体験記】ついに念願の8クエストを達成!

この件はまた言及するとして、今日の成果を公開しますね。

ピックアップ時間ピックアップ場所走行時間走行距離ドロップ場所売上店舗
10:39門前仲町10分0.93Km門前仲町458円M
10:55門前仲町10分1.50km中央区520円M
11:15門前仲町13分2.72km森下658円MEN
11:41森下10分0.80km両国443円MAT
11:57森下10分1.5km菊川520円IND
12:19菊川12分1.63km清澄白河534円O
12:44門前仲町34分5.79km潮見1,004円O
13:28江東区25分2.98km豊洲687円D
13:58豊洲19分2.64km新豊洲649円M

今日は9回の配達でしたが、全体的に見ると江東区を制覇しています。

前半は江東区北部を徹底的に攻め、後半は江東区南部を集中的に攻めています。

ウーバーイーツで時給1500円達成

特に7回目の配達は「門前仲町から潮見」というこれまたロングドロップでしたね。

この配達だけで1,000円を超えているので、かなり頑張りました。はい。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で時給1500円を超える方法

さて、今日の売上ツイートはこちらになります。

3時間45分のオンラインで6,375円なので、収入の時給は1,500円超え。

Uber Eats配達で時給1,000円を超えるのはかなり大変なんです。

ただ、少し慣れれば大したことありません。コツを掴めば誰でも普通に超えられます。

そのコツというものを文章化するのは難しいですが、一言で言うと「エリアを攻略する」ということなんですよね。

私の例で言うと東京の「江東区」をフィールドとして戦っています。

最初の頃はブーストが高い「港区」で戦おうとしていましたが、土地勘がない場所はハードルが高いんですよね。

初日なんて時給750円くらいでした……。

関連記事:【体験談】Uber Eats配達パートナー初日について語ります。

2日目からは土地勘がある江東区にフィールドを移して、そこでウバ活しております。

以降、3ヶ月くらいずっと江東区でUber Eats配達しているので、さすがにピック先は苦もなく探せますし、ドロップ先もスムーズにあたりをつけられます。

「江東区」といっても北は両国近くまで、南は新豊洲までと幅広いですが、その感覚もだいぶ慣れてきますよ。

あと、絶対に安全運転ですね。

時給うんぬんではなく、これはマストです。

時間に追われているのか危険走行をしているUber配達員を時折見かけますが、選手生命を自ら短くしているだけです。

事故やケガなく、楽しいウバ活ライフを送りましょう!

Uber Eatsで副業はいかがでしょうか?

★配達パートナーとしてUber Eatsに登録すると「期間内に一回の配達で5,000円」などのキャンペーンを実施しているケースもあります。(予告なく変更・終了する可能性あり)

Uber Eats 配達パートナーはこちら

★私のように週末3時間稼働するだけでもお小遣いを稼げますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする