【Uber Eats配達7日目体験記】ついに念願の8クエストを達成!

2019年1月の3連休も最終日。

Uber Eats 配達にガッツリと励むことにしました。

今日の目標は、以前から公言していたように8回の配達を完遂する「8クエスト」です。

スポンサーリンク

「8クエスト」とは何か?

Uber Eats配達を始めるときに覚えておきたい単語として「ブースト」と「クエスト」があります。

Uber Eatsではいろいろなインセンティブがあり、その主なものが「ブースト」と「クエスト」です。一言でいうと「ブースト」は報酬の倍率が上がり、「クエスト」は回数をこなすと一定の金額が上乗せされます。

私もこれまでに6日間配達をしましたが、できるだけ「ブースト」が適用される地域と時間帯に配達をするように心がけました。問題は「クエスト」です。

これまでの経験からクエストのボーナス額は以下のような感じです。
(ちなみにクエストは休日の昼間か夜に適用されることが多いです)

・4回以上の配達:400円
・8回以上の配達:1,200円
・12回以上の配達:2,400円

つまり、4回以上7回までの配達をこなせば400円のボーナスが上乗せされて、8回以上11回までの配達をこなせば1,200円が上乗せされるのです。

ちなみに時間制限もあります。
最近のケースでは「10時30分〜15時」までの4時間30分の間にこの回数をこなせばクエストの対象になるんですね。

これまで何度も「8回のクエスト=1,200円」をゲットしようと必死で配達に励んだのですが一歩及ばず。赤チャリでの配達って結構体力消耗するんですよね。

ウーバーイーツの配達で8クエストを達成

そこで今回は万全を期して、10時30分にスタート。
15時までガッツリと働いてみました!

初の8クエストを目指して!

8クエスト達成の軌跡。江東区バンザイ!

さて、本日の配達記録をまとめてみましょう。

ピックアップ時間 ピックアップ場所 走行時間 走行距離 ドロップ場所 売上
10:43 門前仲町 22分 2.43Km 月島 625円
11:09 門前仲町 14分 1.98km 清澄白河 575円
11:44 門前仲町 13分 0.90km 門前仲町 454円
12:00 越中島 14分 2.72km 豊洲 658円
12:16 豊洲 27分 3.98km 晴海 799円
12:59 豊洲 25分 3.99km 辰巳 801円
14:09 東陽町 13分 1.26km 木場 428円
14:20 門前仲町 22分 3.15km 豊洲 612円

いや疲れましたね……。
休みなしで4時間半ぶっ通しでした。

Uber Eatsの配達で赤チャリで8クエストを達成

天気がよかったので、サイクリング気分で走りましたね。
江東区は湾岸部なので海添いを走ったりして気分爽快!

ただ、14時からはブーストがつかなかったため、倍率が割り増しされませんでした。
その分、報酬単価が安いことが分かります。

それにしても今日はタワマン率が高かったですね。
様々な高級マンションに入りましたが、タワマンにお住まいの方がUber Eatsを利用する理由が分かりました。

単純に外に出るのが面倒くさいんですよ!

セキュリティが堅牢すぎるし、エレベーターでわざわざ地階まで降りるのが手間かかるんです。

当然ですが、お金持ちはお金で手間と時間を買うんですよね。

今日の売上は過去最高を記録しました!

さて今回の売上をツイートしたのがこちらです。

この金額にクエストの1200円が上乗せされるので6000円ちょっとですね。

4時間半ぶっ通しだったのですが、今日は働きがいがありましたね。

ただ、13時台に全くオーダーが鳴らなかったのが唯一のロスでした。

あと、そうそう!

多くの配達パートナーを悩ませる「タピオカティー」を初めて運びましたよ。

3キロの距離をいかにこぼさずに運ぶかという初の試練!

このようなミッションをくぐり抜けてUber Eatsの配達員は成長するのです。

Uber Eatsで副業はいかがでしょうか?

★配達パートナーとしてUber Eatsに登録すると「期間内に一回の配達で5,000円」などのキャンペーンを実施しているケースもあります。(予告なく変更・終了する可能性あり)

Uber Eats 配達パートナーはこちら

★私のように週末3時間稼働するだけでもお小遣いを稼げますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする