【副業】41歳だけどUber Eatsの配達パートナーに登録してみた

最近になって興味がわいてきたのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」です。

注文するのではなくて「配達パートナー」つまり運び屋さんとして働くほうです。

Uber Eats登録センター

さて、そもそも「Uber Eats」とはなんでしょうか?

配車アプリの「Uber」はすでに有名ですね。
「Uber」の場合、専用のタクシードライバーではなく、一般の人もドライバーになれます。

そして「Uber Eats」はいわば「Uber」の飲食店バージョン。
一言でいえば「出前サービス」ですね。アプリを通じて、デリバリー注文ができるのです。

今までUber Eatsを利用したことがないのですが、Uber Eatsの配達パートナーをやってみたいと思ったのですよ。「小遣い稼ぎができるかな」と思って。

そこで、Uber Eatsでどれくらい稼げるかを実体験してみたいと思います。

私、41歳だけど自転車にのって東京を走り回りますよ!

その前にUber Eatsに登録する必要があるので、今回はその方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Uber Eats配達パートナーとして働く手順

Uber Eatsで報酬を得るまでの手順は以下のようになります。

(1)Uber Eats配達パートナー登録画面でプロフィールを入力(1分) 
  (2) ダッシュボード画面から必要書類のアップロード、銀行口座の登録(7分)
       ➡️パートナーセンターや登録センターでも可能

(3)パートナーセンターや登録センターで説明を受ける(30分)

ざっくりと見てみましょう。

ステップ(1)プロフィール入力

まずはUber Eatsの登録画面からプロフィールを入力します。

UberEatsのドライバーになる始め方

入力項目は、上から「メールアドレス」「名前(ローマ字)」「電話番号」「パスワード」「都市」となります。「都市」は自分の住んでいる町ではなく、配達する都市を入力します。

(2)必要書類アップロードや銀行口座の入力

この後、ダッシュボード画面から免許書などの身分証明書をアップロードしたり、銀行口座の登録をするのですが、私は途中でやめました。面倒くさかったので……。

しかし安心してください。

じつはこれらの手続きは後述するパートナーセンターでの登録時にも直接行うことが可能です。

もし登録に不安があればむしろパートナーセンターで行ったほうがいいかもしれません。

(3)パートナーセンターで本登録を完了する。

これがなにげに一番のネックです。パートナーセンターまで出向かなければならないので……。

ちなみにこれは「面接」ではありません。あくまで「登録」です。

Uber Eatsはアルバイトやパートという直接雇用ではないので、面接しなくても働くことができます。あくまでも個人事業主として業務委託という形をとっているのです。

ただ、面接というフィルターを通していないため、どんな方でも働くことができるのですよね。これ、どうなんでしょう?

さて、私は神田の登録センターで本登録を完了しましたよ。

Uber Eats登録センター

登録は予約不要です。いきなり訪問しても受け付けてくれます。

しかも一人ずつ説明してくれるため、分からないところは納得いくまで質問することができます。

当日は念のため身分証明書と銀行のキャッシュカードを持っていくことをおすすめします。

また、登録会場ではUberの配達パートナー用アプリをダウンロードしたり、銀行口座の登録をするため、スマホの充電器も持っておいたほうがいいですね。

あと、Uber Eats専用の大きいバッグを渡されるので電車で訪れるかたは対策を練っておきましょう。電車で目立つのが恥ずかしい場合は大きめの紙袋でも用意したほうがいいかもしれません。

正直、Uber Eats登録センターでの説明だけでは不安。

Uber Eatsの登録センターでの説明は30分程度で終わりました。

インターネット情報では、配達に関する動画を見る工程があるようですが、動画は視聴しなかったですね。現在はこの手順はなくなったのかもしれません。パンフレットをもとに口頭での説明が続きましたよ。

ただ、正直言うとUber Eats登録センターの説明だけではかなり不安ですね。

やってみないと分からない部分が多いので、トレーニングの時間を設けて欲しいところです。

そうそう、一つ素朴な疑問があったので説明係の人に質問してみました。

ケンタ
故意の距離稼ぎは禁止とのことですが、道に迷ったらどうすればいいのですか?

Uberの人
そうですね。マップに従えば迷うことはないと思いますが、何かあればサポートセンターに連絡してください。

不安が倍増しました。

東京地区で配達する以上、都心の地理に詳しくない私は高確率で道に迷うことでしょう。

大丈夫かしら?

まずは今週末にチャレンジしてみようかと思います。

41歳の私はUber Eats配達パートナーとしていくら稼げるのでしょうか?

次回はついに初回へ:【体験談】Uber Eats配達パートナー初日について語ります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業はいかがでしょうか?

★配達パートナーとしてUber Eatsに登録すると「期間内に一回の配達で5,000円」などのキャンペーンを実施しているケースもあります。(予告なく変更・終了する可能性あり)

Uber Eats 配達パートナーはこちら

もしご興味あれば紹介コードをお教えします。
紹介コードを登録して規定の配達回数を達成すると追加報酬をお渡しできます(最大3万円)。詳しくはお問い合わせからご連絡ください!

お問い合わせは⬇️からどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする