【体験談】Uber Eats配達パートナー初日について語ります。

ついに、Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達パートナーの仕事をやってみました!

先週に登録センターで本登録したばかりなのですが、とにかく不安でした。

口頭での説明しか受けていないので、実際にどのような流れで仕事をするのかがイメージできなかったからです。

関連記事:【副業】41歳だけどUber Eatsの配達パートナーに登録してみた

とにかくゼロからのスタートで不安。
どのような一日だったか時系列にそって体験談を記しますね。

スポンサーリンク

Uber Eats配達パートナーのスタート地点は東京の港区!

ある土曜日の午前11時40分。

訪れた場所は東京都港区の浜松町。

事前情報では「港区はUber Eatsの利用頻度が高い」と聞いていたので、港区に狙いを定めたのです。

また、浜松町は今の勤務地に近いので土地勘を考えてここをスタート地点にしました。

午前11時46分。

レンタルサイクルの手配完了。
はじめてレンタルサイクルを借りましたが、けっこう便利ですね。

ドコモバイクシェアを利用しましたが、月額で払う勇気がないので一時利用にしました。

ウーバーイーツ配達パートナーは稼げる?

そして、自転車に乗る前にバッグを組み立てておきましたよ。

ウーバーイーツ配達パートナーは稼げる?

午前11時52分。

Uber Eats配達パートナー専用アプリをオンラインにして注文を待つ。

ウーバーイーツ配達パートナーは稼げる?

すると、1分ほどで注文の通知があり!

5分以内に応答しないと別の配達パートナーに順番を回されるので急いでタップしました!
自転車に乗って、いざ出発!

しかし、お店まで到達できない……

自転車に乗ったはいいものの、マップを頼りにオーダー元の飲食店を探すのが大変!

土地勘があるはずの勤務地周辺なのに、迷いまくりでした。
東京の道路事情に疎いとちょっと厳しいかもしれないですね。

その上、防寒の意識があまくて自転車に乗ると極寒の極みでした。
手袋やネックウォーマーは必須アイテムですね。

なんとか迷いながらもお店に到着したのが12時10分。

かなりの時間ロスですね。
お店の人からも「当店はマップに出ていませんでしたか?」と聞かれる始末。

お店の人に予約番号を伝えて、商品を受け取りました。
次はこの商品をお客さんの元に届けるのです!

意外な刺客!スマホのバッテリーがたった22%?

商品を受けとった場所は大門なのですが、配達先は泉岳寺近辺でした。
約2.6キロメートルの距離を自転車で運びます。

12時12分に出発して、第一京浜を南へ下ります。
大きな道路で車道の脇に自転車道がきちんと整備されていたので、運転にはストレスを感じませんでしたよ。

しかし!

ふとスマホを見てみると、バッテリー残量がなんと22%ではありませんか!
30分前はほぼフル状態だったのに、ウーバーのアプリがこんなに電池を消費するものとは思いませんでした!(私のスマホの電池パックに原因があるのかもしれませんが)

ケンタ
どうしよう。スマホの充電器を持ってきていない……

そう。Uber Eatsの配達パートナーにとってはスマホが大の生命線なのです。
スマホが使えなければ、電話もマップもアプリも利用できないのですから。

ケンタ
うわー。早くデリバリーを完了しなければ!

軽くパニックになりつつ、泉岳寺近辺に到着。
しかし、肝心のお客さんのマンションが見つかりません。

マップを頼りに探すのですが、スマホのバッテリーがもう19%!

焦る、焦る!

商品を手渡したときの達成感がたまらない!

もう一度マップを冷静にみてみると、目印となるとあるランドマークがあるではないですか。

その場所を目指していくとようやくたどり着きました。
この安堵感たるや半端なかったですね!

マンションでインターホンを鳴らすと、ユーザーさんがオートロックを解錠してくれて、玄関先まで運びました。ユーザーさんにお渡しできてようやく一仕事終わり!

なんとか無事に届けられた達成感が本当にすさまじかったですね。

まるでロールプレイングゲームでレベルアップした感覚でした。

ふとアプリを見ると報酬が表示されているではありませんか!

金額の多寡の問題ではなく、自分の体力で勝ち取った収入は本当に自信につながりますね。

スマホの充電がなかったため、配達パートナー初日は1件で打ち止めにしました。

自転車をポートに戻して帰りましょう。

赤チャリさん、ありがとうございました!

ウーバーイーツ配達パートナーは稼げる?

また週末になったら小遣い稼ぎに励もうと思います!

後日談ですが、2日後に足が筋肉痛になりました。
もう歳?

そうそう、配達パートナーの仕事は事務仕事と相性がいいんですよね。

普段デスクワークで体がなまっているので、このように運動しながら副業できる機会があるのはありがたいですね。一度やってみるのも悪くないですよ。

次回(2日目は江東区へ!):【ウバ活】Uber Eats配達は2日目からが面白い!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業はいかがでしょうか?

★配達パートナーとしてUber Eatsに登録すると「期間内に一回の配達で5,000円」などのキャンペーンを実施しているケースもあります。(予告なく変更・終了する可能性あり)

Uber Eats 配達パートナーはこちら

もしご興味あれば紹介コードをお教えします。
紹介コードを登録して規定の配達回数を達成すると追加報酬をお渡しできます(最大3万円)。詳しくはお問い合わせからご連絡ください!

ちなみに私が登録会場へ行ったレポはこちらです。ご参考までに。

関連記事:【副業】41歳だけどUber Eatsの配達パートナーに登録してみた

お問い合わせは⬇️からどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする