【2019年の資格戦略】FPと宅建士を勉強する3つの理由

気がはやいですが、もう来年の目標を立ててしまいますね。
サクっと!

2019年はズバリ「資格取得」にフォーカスします。

今年は宅建士を独学して10月に本試験を受けたのですが、不合格確定。

関連:【落ちた】私が宅建試験に失敗した理由を切々と語る【2018年秋】

ということで、来年に賭けます!

スポンサーリンク

私がファイナンシャルプランナー3級に挑戦する理由

「どの資格を狙うか」なのですが、まずはFP(ファイナンシャルプランナー)を勉強します。

予定としては、2019年1月27日にFP3級を受験。
そして、5月にはFP2級にトライする予定です。

FPを選んだ理由は次の3つ。

まず、宅建士の勉強経験があるので、不動産関係がカバーできるという点
さすがに3級2級レベルでは宅建士ほどの知識は要求されないでしょうが、これまでの独学経験が無駄にならずにすみます。

次に、FPは国家資格ではなく、合格率も高いため受かる確率が高いということ。
とにかくこれまで資格試験ではことごとく落ちてきたので「落ち癖」から一旦脱却する必要があるんです。

Easy win firstの精神ですね。
まずは小さく勝つことから始めます。

3つ目は、資産運用やマネー知識を発信したい、ということ。
ブログやSNSを通じて有益なマネー情報を提供したいんです。
経験則からの意見が書けますので、実用的な知見を共有したいな、と思っています。

来年は「マネー勉強会」も開催しようと思いますので、参加者ゆる募。
一緒に勉強しましょ。

ただ、12月から本格的に勉強を開始しようと思っているので、思いっきり油断していますね。どうせなら3級は満点を目指します。3択問題だし。

2019年は絶対に宅建士を合格したい。

問題は「宅建士」です。

独学では対応できなかったので、今年の反省点をいかして来年は通信講座を利用する予定です。「資格スクエア」か「通勤講座」のどちらかですね。

実際に受験して痛感したのですが、ぶっつけ本番で本試験を受けてはいけませんね

過去問だけで対応できると思ったのですが、せめて模試は受験しておくべきでした……。

今年は効率的な勉強方法を追求して、8割正答の40点を目指します

さて、私が宅建士にこだわるのは自信を取り戻したいという目的もあるのですが、将来的に不動産関係のビジネスに取り組みたいんですよね
詳細はまた別途書きますが、宅建士の資格を持っていれば活動のフィールドが広がりそうです。というか、私にとっては必須ですね。

余裕があれば、12月に行われる管理業務主任者の試験も受けたいのですが、やはり宅建士のほうが優先順位高いです。

まとめ:2019年は資格勉強とアウトプットを継続します。

今年は失敗が多かったですが、学んだこともありました。
来年こそは、小さいところから勝ちにいって、少しずつ自信をリカバーしたいと思います。

来年の資格プランをざっくりまとめるとこんな感じです。

1月:FP3級
5月:FP2級
10月:宅建士
12月:管理業務主任者

それ以外に英語とプログラミングも勉強したいので、追加するかも。

資格は手段にすぎないのですが、基本的な知識を体系的に勉強できるいい機会です。

効率的な勉強方法を試してみますので、その方法もシェアしていきますね!

関連記事:資格スクエアの宅建士講座を実際に使ってみた体験談【本音です】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする