2021年1月にFP1級を受験した体験記と3つの反省点

先日の記事にも記したとおり、今年の抱負の一つに「FP1級を受験する」ことを掲げていました。

関連記事:2021年の抱負は「餓死する覚悟で餓死しない」

2021年1月24日に、FP1級を受験してきましたのでその体験記と反省点を述べますね。

先に言っておきますが、反省点は次の3つです。

(1)基礎編はぜんぜん基礎ではない。
(2)昼休みにガッツリ食べてはいけない。
(3)応用編は絶対に点数を落としてはいけない。

今回の記事はとくにFP1級を受験する方が対象となります。
FP2級を受験される方は私の1年前の記事を参考にしていただければと思います。

関連記事:2020年1月にFP2級を受験した体験記。【予想より難しかった】

コロナと天候の影響がすごかった。

まず前提条件として、去年と今年はいろいろな意味で特殊でした。
コロナの影響で試験自体が中止されたり、マスク必着だったり。

マスクをしながら集中を続けるというのはかなり体に負担がかかるようで、試験後はぐったりしました。

さらに、前日から雪の予報が出ていたので交通機関に影響がでることも想定しないといけなかったのですよ。電車遅延や運休があった場合のこともシミュレーションしながら前日を過ごしました。これもちょっと不安定要素の一つ。

そのため今年はちょっと例年より厳しい背景がありましたね。

午前2時間半、午後2時間半の5時間を全集中。

体験記をさくっと述べてから反省点に移ります。

1月24日。
幸運にも雪は降っておらず交通機関も正常どおり。
朝のルーティンを終えてから7時40分ごろに渋谷へ向かう。
8時30分から約1時間、渋谷のマークシティのカフェで最後の総仕上げ。

10時から試験なので9時半ごろに会場入り。
緊急事態宣言は発令しているとは思えない会場の密ぶりに唖然としてしまった。

会場は広くて半分はFP1級の受験、もう半分はDCプランナーの受験という「混在状態」。

たしかにFP1級の受験生自体が少ないというのもあるけど、この詰め込みはどうかと思います。(意外と人口密度が高かったので、このご時世なので怖かった)

そこで1時間の昼休憩をはさんで約5時間の受験に励みました。
実感としてはあっという間でしたね。集中していると時間の経つのを忘れますね。

次に3つの反省点を記します。

反省(1)基礎編はぜんぜん基礎ではない。

FP1級の試験は午前の「基礎編」と午後の「応用編」に分かれます。

「基礎編」はマークシート式で4択問題。
「応用編」は穴埋め問題や計算問題があり理解度を問われます。

勉強しているとわかるのですが、FP1級の肝となるのは「応用編」なのです。
ここがポイント!名前に惑わされてはいけません!

「基礎編」はぜんぜん基礎ではないんです。むしろ「超応用」です!

基礎編を完璧に仕上げようとするとはっきりいって時間がいくらあってもたりません。
微に入り細に入るような、重箱の隅をつつくようなえげつない問題が出題されるので、ここを徹底的につぶすというのは考えないほうがいいです。

基礎編はあくまで「絶対取れるところを落とさない」ことが重要。

そして、応用編の計算問題は完全正解を目指すこと。

はっきり言って、応用編はきちんと勉強対策すれば取れます。
基礎編にどっぷり浸かるよりも応用編で確実に取ることのほうが大事!

反省(2)昼休みはガッツリ食べてはいけない

一年前に渋谷でFP2級を受験したときは比較的時間にゆとりがあったので、お昼時間をゆっくりと過ごしたのです。

去年のツイートはこんな感じ。


なんだか余裕しゃくしゃくですが、これもFP2級までです。
FP1級になると途中退室するほど問題が簡単ではありません。
しかもお昼時間は1時間しか取れず、開始20分前には着席しないといけないため実質40分ほどしかありません。

そのようなタイトなお昼休みでゆっくり食べている時間はありません。
ランチは軽めに済ませて余裕を持って午後に備えましょう。
(ちなみに私はビーフのワンプレートを頼んでしまい、急いで食べたため午後のコンディションが落ち、激しく後悔しました。)

反省(3)応用編は絶対に点数を落としてはいけない

先にも述べましたが、応用編は対策さえしっかりしておけば得点につなげやすいといえます。

もし基礎編で思うような点数が取れなくても、応用編で挽回する事は充分可能です。
逆に言うと応用編は絶対に点数を取らないといけないのです。

もし午前で失敗しても午後でいかに気持ちを切り替えられるか?

FP1級で最重要ポイントがここにあります。

どうしても昼休みに基礎編の正誤が気になりますが、それよりも応用編で出そうなポイントを復習しましょう。実は午前の問題傾向から午後の問題を予想することも可能なのです。

たとえば今回のケースでいえば、午前(基礎編)に「法人税の交際費の損金」についての問題が出題されました。これは午後(応用編)の税金で法人税計算では頻出ですよね。ということは応用編の税金では「法人税」以外(つまり所得税)が出る可能性があるということが予想されます。法人税だとしても交際費は出ない可能性が高いので引当金や減価償却をチェックできますし。

そして、案の定応用編では「法人税」ではなく「所得税」が出題されました。

このように午前をいかに活用して午後に活かすかが勝負です。
基礎でダメでも応用がある。
そのメンタリティで頑張りましょう。

自己採点したところ、微妙なライン

当日の夕方に解答速報が出たのでさっそく自己採点したのです。

もう基礎編がことごとくダメでしたね。
2択まで絞った問題がほぼ全て間違えていました。
ただ、応用編はある意味解きやすい標準的な問題でした。

結果発表までは合否はわかりませんが、またご報告します。

ちなみにFP1級は完全独学はきわめて難しいです。
私は「LECの通信講座」でDVDを購入して1回転させて内容を把握しました。
その後、問題をひたすら解きまくってノート1冊にまとめました。

FP1級は教材が少ないので対策がしにくいというのが実情ですので、通信講座とかをうまく活用しましょうね。